日立 65P-7型

超遠心機

超遠心機

概要

 本装置は、遠心力を利用して分子量の異なる生体機能物質を 368,000G の最大遠心加速度を持って分離するものである。

自己測定 学内
設置年 1979
装置カテゴリ
適合分野 理学系・薬学系・工学系・農学系・その他
管理部局 自然生命科学研究支援センター
使用責任者

自然生命科学研究支援センター 光・放射線(津島)
岡本 崇
(内線 7283)

拠点

01. 自然生命科学研究支援センター  光・放射線情報解析部門

共同利用について

利用にあたっての留意事項

 管理区域において、放射性同位元素で標識されたされたサンプルを取り扱うことから、施設利用許可を事前に取得しておくことが必要です。
 駆動部の老朽化と、装置の耐用年数を超えていることから最高回転数での使用はできない。

費用負担

受益者負担

機器利用の申込・お問い合わせ

設置場所

光・放射線情報解析部門(津島)
津島施設 1階 実習室1(内7283)


Googleマップで見る