Thermo Electronics社製LC-MS/MSとGE社製Akta Explorer

プロテオーム解析システム

プロテオーム解析システム

概要

タンパク質の分離のカラムクロマトグラフィーとポリペプチドのナノHPLC質量分析機から構成されるシステム。

自己測定 学内 学外
設置年 2006
装置カテゴリ
適合分野 生物系
管理部局 理学部
使用責任者

自然科学研究科(理)
高橋 裕一郎
(内線 7861)

拠点

12. その他のグループに所属(異分野基礎科学研究所・高橋裕一郎研究室)

共同利用について

利用にあたっての留意事項

事前に管理者の許可を得ることが必要である。

費用負担

共同研究の場合は使用料は無料。その他は、使用時間に応じた費用負担が必要

学外開放は主に共同研究として実施中

機器利用の申込・お問い合わせ

設置場所

理学部本館 2階 A214号室


Googleマップで見る