独国カールツァイス社製 PALM

レーザカッティング・トラッピングシステム

レーザカッティング・トラッピングシステム

概要

UVレーザービームを照射することにより細胞に穴をあけ、もう一種の可視域レーザービームにより巨大DNA分子、染色体、オルガネラ等を捕捉し、直接移入できる装置である。

自己測定 学内 学外
設置年 1995
装置カテゴリ
適合分野 生物学系
管理部局 資源植物科学研究所
使用責任者

資源植物科学研究所
村田 稔
(内線 1205)

拠点

09. 資源植物科学研究所

共同利用について

利用にあたっての留意事項

設備管理者が常駐していませんので、使用責任者の指示に従ってください。
本システムは、高出力のレーザ光源、または高圧装置を備えているため、使用に当たっては、使用上の注意を厳守し安全性に心がけて下さい。

費用負担

使用時間に応じた費用負担が必要
学外開放にあたっては、取扱方法等要検討

設置場所

研究棟3号館 3階 301号室


Googleマップで見る