独国ブルカー・ダイトニクス社製 ultraflex-OS

生体機能物質情報解析装置

生体機能物質情報解析装置

概要

生体高分子の質量分析と構造解析ができるMALDI-TOF-MS/MSである。
MALDI-TOF/MSは色々な質量分析器の中で、主に常温で固体である物質(すなわち分子量が大きいもの)の測定に用いられます。マトリックスと呼ばれる化合物とサンプルを混ぜて結晶化させ、窒素レーザーによりマトリックスがイオン化する際にサンプルもイオン化し、真空管の中を飛んで検出器に当たるまでの時間を計測することにより、質量を測定します。従来イオン化することが難しかったタンパク質やペプチドなど高分子化合物のイオン化に、マトリックスという別の化合物を混ぜることでイオン化させることができることが、島津製作所の田中耕一さんによって発見され、ノーベル化学賞を受賞されたことが記憶に新しいと思います。
本機器は特にタンパク質の分子量や、それをトリプシンなどで消化したペプチドの分子量、またポリマーやある程度の低分子化合物(分子量1000前後まで)の分子量を測定することができます。さらに本機器はMS/MSモードを搭載しており、ペプチドや化合物の分解産物の分子量を測定することにより、構造解析にも用いることができます。
精製したタンパク質あるいは二次元電気泳動で分離したタンパク質スポットのペプチドマスフィンガープリンティング(トリプシンなどで消化したペプチド断片の質量を測定することにより、データベースに登録されているタンパク質の理論的分解産物質量と照合してタンパク質を同定する)が主なアプリケーションです。選んだペプチドのMS/MS解析により、アミノ酸がちぎれたペプチドの分子量を得ることで、ペプチドのアミノ酸配列を解析できます。また化合物においてはイオン化することができれば分子量が測定できます。
少し変わったアプリケーションとして、DNAの分子量を測定して塩基配列を解析することもできます。また、微生物の総タンパク質を抽出したものをサンプルとして、直接分子量を測定すると、微生物由来の様々なタンパク質のスペクトルが得られます。このスペクトルは微生物の種に特異的なパターンを示すので、未同定の微生物を瞬時に同定したり、分類することが可能になっています。オートメーション化によって数百サンプルを1日で解析可能です。
なお、本装置の共同利用にあたっては、担当技術職員が測定の指導を行います。

自己測定 部局内限定 学外
設置年 2004
装置カテゴリ
適合分野 生物学系
管理部局 資源植物科学研究所
使用責任者

資源植物科学研究所
谷 明生
(内線 1228)

拠点

09. 資源植物科学研究所

共同利用について

利用にあたっての留意事項

学外者利用においては機器使用に習熟した部局内職員との共同研究により使用を可能とします。また、設備管理者が常駐していませんので、使用責任者の指示に従ってください。

費用負担

使用時間に応じた費用負担
学外者使用にあたっては取扱方法等要検討

http://www.rib.okayama-u.ac.jp/collaboration/collaboration10.html
詳細情報 http://www.rib.okayama-u.ac.jp/collaboration/collaboration10.html
利用方法や利用規程 http://www.rib.okayama-u.ac.jp/collaboration/collaboration10.html

設置場所

植物科学研究棟

3階 305号
Googleマップで見る