Varian NMR System PS600

600MHz NMR装置

600MHz NMR装置

概要

低分子量の有機化合物から生体関連物質や高分子材料まで、広範囲の物質に関する分子構造の決定、電子状態や立体構造の解析

key word:有機、分子、構造、液体

装置の仕様・特色

14.09T(プロトン共鳴周波数600MHz)の超伝導磁石を備える溶液核磁気共鳴装置です。低分子量の有機化合物から生体関連物質や高分子材料まで、 広範囲の物質に対して高度な微細構造、物性、立体化学などの情報を原子核の電子波吸収を観測して、物質の電子状態や立体構造を調べることができます。 オートチューニングユニットを備え、プローブのチューニングは自動で行うことができることから、 1H, 19F, 共鳴周波数が13Cから31Pまでの核種の測定が可能です。 多くの応用的パルスシーケンスも搭載していることから、多様な応用測定が可能です。

磁場強度: 14.1 T(超伝導磁石)、1H共鳴周波数600MHz、13C共鳴周波数151MHz
プローブ: Varian One Probe
測定可能核種: 1H, 19F, 共鳴周波数が13Cから31Pまでの核種
搭載パルスシーケンス: 1H, 19F, 13C, 31P, COSY, HSQC, HMBC, NOESY, ROESY DEPT, Presaturation, Welt, プロトンデカップリング
測定温度: -80℃から80℃まで

自己測定 依頼測定 学内 学外
設置年 2010
装置カテゴリ NMR(溶液)
適合分野 化学系
管理部局 自然生命科学研究支援センター
使用責任者

管理責任者: 自然科学研究科   坂倉 彰 (工) 内線8215
監守者長: 早川 一郎 (工) 内線8210

拠点

03. 自然生命科学研究支援センター  分析計測・極低温部門

共同利用について

利用にあたっての留意事項

自己測定の利用希望者(本学教職員、大学院生)は、各学部担当の監守者に測定法を習った後、SC-NMR室の行う資格認定試験に合格しなければならない。学外は依頼分析のみを受付けている。

費用負担

(R1年度~)
自己測定 (学 内): 40円/5分
依頼測定 (学 内): 500円/30分
     (大学等): 1,000円/30分
     (企業等): 2,500円/30分 など
詳しくは、下記料金表をご覧ください。

http://dia.kikibun.okayama-u.ac.jp/files/upload/files/dia/3HP用_学内自己測定利用料金_現行.pdf
自己測定利用法

利用希望者(本学の教職員、300・400MHzの資格を有する学生)は、SC-NMR室の行う利用講習会を受講の後、Moodle小テストと資格認定実技試験に合格しなければならない。詳細は監守者またはお問合せフォームよりお問合せください。

使用時には下記予約システムを利用すること。
http://nmr.kikibun.okayama-u.ac.jp/system/rsnmr/

詳細情報 http://dia.kikibun.okayama-u.ac.jp/equipments/view/362
利用方法や利用規程 http://dia.kikibun.okayama-u.ac.jp/files/upload/files/dia/kitei_riyouyoukou.pdf
予約するお問い合わせ

依頼測定について

分析内容

分析計測分野担当者による溶液NMR依頼分析サービスを受付けています。研究データ取得を目的とした、 有機合成、天然物抽出等で得られた溶液サンプルの構造解析、純度評価にご利用頂けます。

受託内容
一次元NMR: 1H、13C
その他の測定内容については、事前にご相談ください。

申込方法

初めてご利用の方は、お問合せフォームでお問合せください。

学内の方用、または学外の方用の分析依頼申込書をダウンロードし、記入押印の上、サンプルとともに分析計測分野職員室までご持参または郵送してください。

(学外の方)
年度の初回のご利用際に、利用者登録用紙の提出をお願いいたします。

大学連携研究設備ネットワークからのお申込みも可能です。
https://chem-eqnet.ims.ac.jp/index.html

申込用紙 http://dia.kikibun.okayama-u.ac.jp/measure/howtouse#documents
依頼測定の申込・お問合せ

設置場所

コラボレーションセンター 1階102号室

102
内線:8736
Googleマップで見る