島津・PPSQ-31A型

ペプチドシーケンサー

ペプチドシーケンサー

概要

数 pmol レベルのタンパク質(ペプチド)試料について、N末端からのアミノ酸配列を20残基程度まで決定することができます。自動化されているため、多くの教員・学生にも利用可能です。

装置の仕様・特色

本装置は、気相エドマン法を採用した微量タンパク質のN末端配列を自動分析する設備である。リアクターでタンパク質のN末端アミノ酸をエドマン分解により切断し、コンバージョンフラスコでPTH化した後、アイソクラティックHPLCによりPTH-アミノ酸を分析同定する。アイソクラティック溶出の採用により、廃溶媒量が抑制されシステムも単純化されている。

自己測定 依頼測定 学内 学外
設置年 2009
装置カテゴリ 質量分析(元素分析)
適合分野 化学系・生物系
管理部局 自然生命科学研究支援センター
使用責任者

自然生命科学研究支援センター分析計測分野 
多田 宏子 (内 8746) 

拠点

03. 自然生命科学研究支援センター  分析計測・極低温部門

共同利用について

利用にあたっての留意事項

自己測定利用は、1回操作指導を受けていただいてから利用を許可しています。設備NW予約システムへの登録が必要です。

費用負担

(H29年度)

自己測定:
 (学 内)   500円 (基本料) + 450円/残基
 (学 外)  1,000円 (基本料) + 550円/残基
依頼測定:
 (学 内)  3,000円 (基本料) + 1,200円/残基
 (大学等)  4,000円 (基本料) + 1,200円/残基
 (上記以外) 5,000円 (基本料) + 3,000円/残基

詳しくは、担当までお問合せ下さい。

http://dia.kikibun.okayama-u.ac.jp/files/upload/files/20170321_dia_fee_all.pdf
自己測定利用法

初めての研究室は、監守者までお問合せください。
使用方法に習熟している者,およびその指導の下で使用すること。
設備NW予約システムで予約してからご利用下さい。

その他

オリジナル操作マニュアルはこちらから。(学内限定)

http://dia.kikibun.okayama-u.ac.jp/files/upload/files/dia/gakunai/PPSQ170719.pdf

詳細情報 http://dia.kikibun.okayama-u.ac.jp/equipments/view/393
利用方法や利用規程 http://dia.kikibun.okayama-u.ac.jp/files/upload/files/dia/kitei_riyouyoukou.pdf
予約するお問い合わせ

依頼測定について

分析内容

数 pmol レベルのタンパク質(ペプチド)試料について、N末端からのアミノ酸配列を 20 残基程度まで自動的に決定する装置です。近年可能となった質量分析装置でのアミノ酸配列決定と比較すると、次の特徴があります。
 ・蛋白質そのままで、分析する事が可能です。 
 ・まったく同じ質量数を有する Ile と Leu を識別できます。
 ・Disulfide 結合の有無とその位置が決定できます。
 ・決定された配列の信頼性が非常に高く、確実なアミノ酸配列が決定できます。 
 ・特にデータベースに登録されていない蛋白質の同定・アミノ酸配列の確定には有用です。

申込方法

 初めてご利用の方は、オペレータまでお問合せください。
 学内の方用または学外の方用の「分析依頼申込書」をダウンロードし、記入押印の上、サンプルとともに分析計測分野職員室までご持参または郵送してください。

(学外の方)
 年度の初回のご利用の際に、利用者登録用紙の提出をお願いいたします。
 設備NW参画校の方が、設備NWのWEB課金システムを使って支払いをされる場合は、利用者登録は不要です。
 設備NWのURL:
 https://chem-eqnet.ims.ac.jp/index.html

申込用紙 http://dia.kikibun.okayama-u.ac.jp/measure/howtouse#documents
依頼測定の申込・お問合せ

設置場所

コラボレーションセンター 3階 312号室

312
内線:8751
Googleマップで見る