ブルカーmicrOTOF

飛行時間型質量分析装置

飛行時間型質量分析装置

概要

イオン化法:ESI, APCI, 質量分析部:飛行時間型
合成化合物や動植物由来の生体物質などの「高純度精製済みの試料」の精密質量分析(低分子物質の質量を小数点以下3桁まで正確に測定すること)が可能です。

装置の仕様・特色

測定可能質量範囲  m/z 50-20,000
質量分解能 16,500 FWHM
質量精度 内部標準法で1-2ppm以下(RMSエラー)
ダイナミックレンジ5桁以上

自己測定 学内
設置年 2009
装置カテゴリ 分離分析装置、流れ分析装置
適合分野 化学系
管理部局 農学部
使用責任者

環境生命科学研究科
(農学)仁戸田照彦
(内線 8291)

拠点

13.所管部局の事務

共同利用について

利用にあたっての留意事項

設置管理者が常駐していないので、使用責任者の指示に従うこと。
訓練を受けてもらう必要あり。
依頼分析・学外利用については、責任者へご相談下さい。

費用負担

測定試料数に応じて、維持に必要となった経費を負担していただきます。
平成30年度からは利用料金を公開予定。

自己測定利用法

設備ネットワークで予約後、使用すること。新規の利用希望者は、管理責任者へご連絡ください。

予約するお問い合わせ

設置場所

自然科学研究科棟 4階 405号室


内線:8633