ブルカーmicrOTOF

飛行時間型質量分析装置

飛行時間型質量分析装置

概要

イオン化法:ESI, APCI, 質量分析部:飛行時間型
精密質量分析が可能。直接導入とLC導入が可能。

自己測定 学内
設置年 2009
装置カテゴリ 分離分析装置、流れ分析装置
適合分野 化学系
管理部局 農学部
使用責任者

自然科学研究科
(農学)仁戸田照彦
(内線 8291)

拠点

13.所管部局の事務

共同利用について

利用にあたっての留意事項

設置管理者が常駐していないので、使用責任者の指示に従うこと
依頼測定は基本的には不可、訓練を受けてもらう必要あり

費用負担

使用時間に応じた費用負担が必要
学外解放を行うとすれば取り扱い方法など検討が必要となる。

設置場所

自然科学研究科棟 4階 405号室