岡山大学 設備サポートセンター整備事業について

高度化、多様化する教育研究活動に対応し、優れた人材をひき付け、国際競争力を強化し、 産学連携、地域貢献並びに国際化を一層推進するためには、「十分な機能を持つ質の高い施設・設備の充実、 それらの確実な有効利用を図る体制」を一体的に整備する必要があります。

本整備事業では、「設備・技術サポート推進室」が中心となって、 限られた資源を有効活用し教育研究環境の整備を図るために、施設・設備の共同利用促進、遊休設備の高機能化等による再利用、 効果的かつ効率的な設備配置、サポート人材の育成・技術向上など、 教育研究設備の充実と有効活用に係るマネジメントの実施と継続的なマネジメント体制の構築を推進します。

事業体制

本事業の推進にあたって、自然生命科学研究支援センター内に「設備・技術サポート推進室」を正式に設立しました。 この推進室が中心となって、研究担当理事・自然生命科学研究支援センターの指導の下で、センターの四部門、 地域、中国四国地区国立大学等と連携を取りつつ、以下の事業項目を推進する体制を構築します。

事業内容

(1)教育研究設備の共同利用促進(設備共同利用促進事業)

自然生命科学研究支援センターを中心に、共同利用要望の高い基盤的教育研究設備を共同利用施設等に導入して集中的に管理することによって、 利用者が安心して利用できる共同利用環境を整える活動を行います。

(2)遊休設備の改良等による再利用(設備リユース促進事業)

不要になった設備・遊休設備の情報を収集・公開して、再利用・再配置の促進を図る「設備リユース仲介WEBシステム」を公開します。 国立大学だけでなく私立・県立大学や公共研究機関、企業等の協力も得て、全国的なモデルとなるシステムを目指します。 本学の設備サポートセンター整備事業の中心的事業です。

(3)効果的・効率的な設備の配置(設備効率化事業)

全学共同利用機器の導入要望調査など、学内設備の効果的・効率的配置を考える上で必要な現状情報の調査・整理を行っています。 これらの情報は、全学設備の導入計画を策定する全学委員会「設備整備計画専門委員会」へ提出され、 設備整備マスタープランの策定などに活用されています。

(4)サポート人材の育成、技術向上(技術サポート促進事業)

大型設備の維持管理、利用者への技術教育、依頼測定サービス等を担当する技術スタッフの充実化と技術向上のために、 技術講習会等の開催や、外部トレーニングへの派遣等を支援します。 それにより、高度な依頼測定サービスなどの岡山大学の強みとなる技術の提供を可能とします。

(5)全学的な設備マネジメントなどの推進(設備マネージメント事業)

全学の共同利用設備の情報をとりまとめて提供・仲介する「共同利用機器WEBシステム」を公開します。 産学官連携機構や大学連携研究設備ネットワーク等と連携して、 本学の共同利用施設・設備を広く周知し利用していただくための積極的な広報活動を展開するとともに、 地域企業・他大学・研究機関などの学外の利用者が利用しやすい体制を整えます。